忍者ブログ

亜人ちゃんは語りたい


スマートフォンは「横」 にして閲覧して下さい

デミちゃんはかたりたい 

BOOK表紙////画像はDDM.comの販売サイトです

新規入会?(無料)

 

亜人ちゃんは語りたい

作品あらすじ

亜人と呼ばれる特別な性質を持つ人間達への差別もなくなった今は個性として認められ生活保障制度もあった。大学で亜人を研究したくてもかなわなかった高橋鉄男は高校の生物教師をしていた。絶対少数な亜人との出会いが限られている中である春に赴任してきた数学教師は亜人、サキュバスだった。



さらにその年の新入生にはバンパイア、デュラハン、雪女、などなどがいるという凄まじいまでのご都合設定。転勤先ではなく赴任4年目の学校で、っていうところに作者様の才能を感じます。

吸血鬼設定としては日の光が苦手で血も吸うみたいです。実際には支給のパックを飲んでます。ニンニク入りレバニラ大好物、十字架は子供のファッションとか。

なぜ亜人をデミと読むのかは作品で。一巻では他愛もない理由ですが何か意味があるような気もします。バンパイア、微妙に可愛いです。

2、3巻(1巻はTOP)

BOOK表紙///画像はDDM.comのweb販売サイトです                新規入会?(無料) 

 

1

2



 VMC的データ

2018年5月18日現在

既刊6巻


 作者/レーベル (敬称略)

ペトス/ヤンマガKCスペシャル

 

 関連LINK

 漫画『亜人ちゃんは語りたい』公式ページ « ヤングマガジン公式サイト

 TVアニメ「亜人ちゃんは語りたい」公式サイト

wikipedia





ブログ内記事




PR

身想心裡


スマートフォンは「横」 にして閲覧して下さい

しんそうしんり
短編作品集の一つに「LonelyVamp」が有ります
 

BOOK表紙////

Dystopia

作品あらすじ

海で一人で泳ぐのが好きな智恵子。ある日の夕方泳いでいると帰省していた姉が迎えに来た。海から上がる時、海岸に見知らぬ男が立っている事に気づく。次の日に林の中で具合悪そうに寝ていた昨日の男を見つけるが男は医者は要らないと言う。男は日が落ちると元気になり「僕は永遠の闇を生きる種族」と言う。



この短編に限って言えば完全な吸血鬼系作品。妖怪化物的なものではなく単に血を吸う人間であるかのように登場します。

何しろ18ページしかありませんから展開はスピーディー。その中で読み筋の範囲とは言え十分に楽しめます。

この作品に限らず短編作品集のテーマは「ブラック」と「エロ」でしょう。エロも変態的なものではなく極めてノーマル。本当の意味で青年向けという感じです。


 VMC的データ

完結

 全1巻


 作者/レーベル (敬称略)

陽気婢/ヤングマガジンコミックス

 

 関連LINK

 『陽気婢作品集 身想心裡』(陽気婢)|講談社コミックプラス

ブログ内記事




Dystopia


スマートフォンは「横」 にして閲覧して下さい

ディストピア 

BOOK表紙////画像はDDM.comの販売サイトです

新規入会?(無料)

 

Dystopia

作品あらすじ

続く「神の手狩り」にうんざりするアンジェラ。服が汚した事を事を同居人のキリエししかられる事を心配する彼女は吸血鬼の中でも上位に位置する大吸血鬼。彼女の手に宿る神の手はガーネットから受け継いだ人間に絶大な力をもたらす痣だった。



主人公が吸血鬼で人外は吸血鬼のみの純吸血鬼作品。誰が吸血鬼で誰が人間なのか良く分からない感じもあります。同居する異種といった感じです。

ちょっと時系列を掴むのに戸惑います。単行本で読む分には読み返せばいいでしょうが連載を読むと若干意味不明の部分があったかもしれません。

主人公アンジェラは女性ですが最初は男キャラかと思いました。かっこいい風味を付けているのでしょうが実は女の子好きなバイです。男嫌いなのかは特にわかりません。ちなみにエロエッチ要素はゼロです。


 VMC的データ

完結

 全1巻


 作者/レーベル (敬称略)

桂木 すずし/Gum comics

 

 関連LINK

 Dystopia | コミックガム は水曜日更新

ブログ内記事




罪に濡れた人魚姫


スマートフォンは「横」 にして閲覧して下さい

この単行本は短編集であり、その一編にそのまんま「吸血鬼」が収められています。  

BOOK表紙////画像はDDM.comの販売サイトです

新規入会?(無料)

 

罪に濡れた人魚姫

作品あらすじ

すさまじいイジメから逃げる幼いヘレタは誤って崖から落ちてしまう。しかし崖下で男に受け止められ助かる。助けた男はまた来るというヘレタに「くるなら殺せ。できないならくるな」といい一瞬でヘレタを村はずれまで飛ばされる。服に引っかかって偶然男のピンを持ち帰ってしまい村人に山のお城のおじさんのものと説明すると三百年前の吸血鬼セルメニア公が蘇ったと騒ぎになる。



短編集でありこの“吸血鬼”以外には吸血鬼は出てきません。人魚が出てきたりしますが人外テーマでもありません。

管理人はこの“まんがグリム童話”という雑誌を知らないのですが、全体のテーマはずばりエロスです。エッチィとかのレベルではなく本番です。まんが~からするとブラック要素の既存童話リメイクの感じなんですがそのブラックはエロ本番で占められます。どんなジャンルなんでしょう。作者様はBLも得意なようですが本短編集はノーマルラブです。本番ですけど。

吸血鬼設定はある意味ノーマル、殺しても死なず、血を吸って殺し、身体能力が高い。そんな生き方の悲哀がメインでありその過程にエロが入ります。根本的に大人な作品です。



 VMC的データ

完結

 全1話


 作者/レーベル (敬称略)

葉月 つや子/ぶんか社コミックス

 

 関連LINK

 罪に濡れた人魚姫 - 株式会社ぶんか社




ブログ内記事