忍者ブログ

月詠 -MOON PHASE-

つくよみ ムーンフェーズ 
 
作品あらすじ

なぜか心霊写真ばかりを撮ってしまうカメラマンの森丘耕平は、取材に行ったドイツの古城で、ヴァンパイアの少女である葉月と出会った。その城に幽閉されていた葉月は、耕平の血を吸って、僕(しもべ)として城から脱出しようと考え、血を吸うも、全く効果が現れなかった。だが耕平が城の封印装置を壊したことにより葉月は城から脱出し、そしてあろうことか、生き別れの母の行方を求めて、耕平と共に(別行動だが)日本へ向かった。  <Wikipedia>

 
登場キャラクター

 森丘耕平 (もりおか こうへい)

カメラマンの青年。霊感がまったくないにも関わらず、何故か撮る写真が高確率で心霊写真になってしまうため、普通の写真が撮りたい本人は苦悩しているもののひろみには重宝されている。

実は見えないだけではなく霊的な影響を一切受け付けない体質で、吸血鬼に噛まれてもその支配を受けない。このような人間は「吸血鬼の恋人」(アマ・ラーミア)と呼ばれる。


 葉月 (はづき) 

又の名をルナ。吸血鬼(純血種)の少女。ドイツの古城・ノイシュバルツクヴェレ城に幽閉されていたところを、耕平の力を借りて逃げ出した。天真爛漫かつ我儘で、耕平の事を「下僕」(シモベ)と呼んで憚らない。城に捕らわれて以来離ればなれになってしまった母親を探している。 


御堂成児 (みどう せいじ)

耕平の従兄弟で、「御堂晴爾」の名で活躍する正真正銘の霊能者。ひろみの雑誌に連載を持っている


安西ひろみ (あんざい ひろみ) 

耕平と成児の友人で、オカルト雑誌の編集者。葉月の事をとても気にしている。



御堂竜平 (みどう りゅうへい) 

耕平と成児の祖父。かつては成児同様の霊能者だったが、現在は骨董品店「マルミ堂」の店主。今でも強い霊力を発揮出来る。

  

ハイジ

葉月の使い魔。灰色の猫であったため、「灰次郎」を略してハイジと名付けられた。元々は葉月の母の使い魔で、更に遡ると耕平の母の式神だった「白灰達」(アクダ)なのだが、どのような経緯で葉月の母の使い魔となったのかは本人も憶えていない。

 

ハインリヒ・フォン・キンケル

伯爵位を持ち光を操る能力がある。自分に降り注ぐ陽光を逸らすことで、日中でも外で活動する事ができる(「日中蠢く者」デイ・ウォーカー)。 



エルフリーデ

キンケルの僕である吸血鬼(転向者)。小悪魔を召喚し使役する能力を持つ。城から逃げ出した葉月を連れ戻すため日本に来るが、内心ではキンケルの支配から逃れたいと思っており、その為に耕平に近づく。


主題歌が”ネコミミモード”です。そして歌詞もネコミミモードを連呼しかしません。つまり、純度の高い萌え系です。各タイトルも「おにいさま・・・・・・♥」で括られている徹底ぶりです。 

原作であるコミック版とは導入部はほぼ同じ、全体としても同じ流れですが細部がかなり変わっています。圧倒的に萌えている他、御堂成児の活躍が増えており違った層のファンも狙っている風な印象です。

その他にも自宅建物の部屋を舞台セットのように真横から見せたり、オチで天井からタライが落下してくるなど、冒険的な描写が使われています。これらにより、コントの笑いが自然と出てくる面白い試みです。


DVDパッケージ///画像はDDM.comのwebレンタルサイトです                   新規入会?(無料) 

 

月詠 -MOON PHASE- 01

月詠 -MOON PHASE- 02

月詠 -MOON PHASE- 03

月詠 -MOON PHASE- 04

月詠 -MOON PHASE- 05

月詠 -MOON PHASE- 06

月詠 -MOON PHASE- 07

月詠 -MOON PHASE- 08

月詠 -MOON PHASE- 09

月詠 -MOON PHASE- 10

月詠 -MOON PHASE- 11

月詠 -MOON PHASE- 12

月詠 -MOON PHASE- 13


 霜樹海的データ

完結

 全26話

 制作会社/原作 (敬称略)

シャフト/有馬啓太郎


 ヴァンパイア分析

 呼称・種類

純血種
デイ・ウォーカー
転向者
吸血鬼

 吸血衝動レベル  

 吸血結果   下僕(シモベ)化
 

 オススメ度(最高★5つ)

★★★★☆

 

 

ブログ内記事




PR
Vampire TOPページ Vampire Blog 霜樹海 Vampire