忍者ブログ

灼眼のシャナ

しゃくがんのシャナ

この作品には”バケモノ系”吸血鬼は登場しません。宝具(武器)としてブルートザオガー(ドイツ語でヴァンパイア=吸血鬼の意)が出てきます。
 

 

 

作品あらすじ

御崎市で平凡な日常を過ごしていた高校生、坂井悠二。彼は“燐子”と呼ばれる怪物の出現と共に非日常の世界に巻き込まれ、名も無き少女と出逢った。その名も無き少女は、人知れず人を喰らう異世界人“紅世の徒(ぐぜのともがら)”を探し討滅するフレイムへイズの一人。彼女は、悠二が自覚のないまま死んでいることを告げ、訳あって“紅世の徒”から狙われるようになった悠二を護る様になる。  <Wikipediaより>



登場キャラクター


 坂井 悠二(さかい ゆうじ)

喰われて死んだ人間の代替物であるトーチにして、その中でも特殊なトーチである体内に宝具を宿した“ミステス”。



 シャナ

天壌の劫火”アラストールと契約している「炎髪灼眼の討ち手」と呼ばれるフレイムヘイズ。称号のみで名前が無かったが、彼女の宝具である剣・贄殿遮那(にえとののしゃな)から悠二がシャナと名付けた。



 マージョリー・ドー

「弔詞の詠み手(ちょうしのよみて)」の称号を持つフレイムヘイズ。フレイムヘイズの中でも特に際立って“紅世の徒”を憎んでおり、無差別に“徒”を殺すことを目的としている。


 ヴィルヘルミナ・カルメル

「万条の仕手(ばんじょうのして)」の称号を持つフレイムヘイズ。幼少期のシャナの育成に携わった育ての親の一人であり、いわば養育係。 常に堅苦しい丁寧な言葉遣いで話す。

 ソラト

シャナに匹敵する一流の剣の腕に似合わぬ幼い言動が特徴の金髪碧眼の少年。片手持ちの大剣型宝具『吸血鬼(ブルートザオガー)』の使い手。ティリエルの兄。



 ブルートザオガー

Blutsaugerはドイツ語で吸血鬼の意。非常に重たい宝具だが、“存在の力”を込める事で軽々と扱えるようになる。


 ティリエル

ソラトと瓜二つの顔をしたソラトの妹。最愛の兄・ソラトに見せる甘い顔と、それ以外の時に見せる残忍な顔を持つ巧緻な自在師。戦闘時の宝具は「オルゴール」。




ゲストキャラとしてのソラトの宝具ブルートザオガーとして登場しますが、その後キーアイテムとも言うべき重要な宝具になります。ソラトの仕草に吸血鬼を連想させるモノは有りますが、特別”ヴァンパイア”として設定されている訳ではありません。

本来、”オススメヴァンパイア系”の主旨からすれば、記事にこそするとしても極力そっけなくするところですが、小説原作作品特有の凝った言い回しの語句を始め、かなりややこしいのにブレのないしっかりした世界観はアニメだけでは表現しきれない程です。

その限界をフォローしたかったのかは知りませんが、美少女系・バトル系はもちろんの事、魔法系・変身系であり、ロリやケガドルで冒険したかと思えば、純な切ない系恋愛・親友がライバル系葛藤ナドナドすざまじい要素が惜しげもなくつぎ込まれており、もちろんギャグのノリも忘れていません。

これでは萌系などに多少抵抗を感じる部分が有っても楽しまずにはいられないし、ハマれば最高ランクの一つになるでしょう。

 


 



 霜樹海的データ

完結

 全24話(第1部・TV放送分)

 制作会社/原作・原案 (敬称略)

J.C.STAFF/高橋弥七郎


 お気に入りキャラ

 

ヴィルヘルミナ・カルメル

 オススメ度(最高★5つ)

★★★★★


ブログ内記事




PR
Vampire TOPページ Vampire Blog 霜樹海 Vampire