忍者ブログ

黒塚 KUROZUKA

くろづか 

作品あらすじ

時は鎌倉時代兄・源頼朝より逃げおおす源義経(源九郎)と武蔵坊弁慶(大和坊)。二人が山中を放浪する最中、黒蜜と名乗る美しい女が一人棲む家に辿りついた。いつしか九郎と黒蜜は男女の関係に。その黒蜜には恐るべき秘密が隠されていた。じつは黒蜜は不老不死の吸血鬼だったのだ。

追手により瀕死の重傷を受けた九朗は黒蜜により血の儀式を交わし、自らも吸血鬼となった。ここから鎌倉、室町、戦国、江戸、明治、大正、昭和、平成そして近未来と、2人の果てしない旅が始まった。
<Wikipedia>


登場キャラクター

 源九朗(源義経)

源頼朝が放った追っ手から逃亡する際に黒蜜と出会い、吸血鬼となる。しかし、完全に吸血鬼になる前に弁慶に裏切られ首を刎ねられてしまった為不完全体として100年もすれば体が老化して新しい体に取替えなければならない。

 


 黒蜜

遠い過去から吸血鬼として生き続けて人を襲って、その血を生きる糧としてきた。その不老不死の謎を暴こうと絶えずある集団から追われており、その年数は数百年にも及ぶ。






コミックKUROZUKA~黒塚~ <ヴァンパイアマニアコレクション記事>を先に書いていましたから、紹介文はリンクさせようと思いましたが、漫画には無かったwikiページが出来ていたので引用してみました。

もともと原作があり漫画化後アニメ化になった訳ですが、雰囲気が多少違います。漫画も決して悪くはありませんが、言ってみれば子供向けにソフトな印象を指向しているのに対してアニメはかなりキリッとした印象であり、キャラ作画にも見て取れます。

キャラ設定は基本的に同じでストーリー展開はオリジナルです。戦闘シーンも特筆モノで傑作の一つになること間違いなしです。



DVDパッケージ///画像はDDM.comのwebレンタルサイトです                    新規入会?(無料)

黒塚-KUROZUKA- Vol.1

黒塚-KUROZUKA- Vol.2

黒塚-KUROZUKA- Vol.3

黒塚-KUROZUKA- Vol.4




 


 霜樹海的データ

完結

全12話


 制作会社/原作者     (敬称略)

マッドハウス /夢枕獏


 ヴァンパイア分析

 呼称・種類

吸血鬼であることは明白だが不老不死自体が謎として
明白には呼称されていない

 吸血衝動レベル 
 吸血結果  黒蜜が血を吸い体内で混ざり合った後
吸われた方が黒蜜の血を吸うことにより不老不死化

 お気に入りキャラ

 

 黒蜜

 

 

 

ブログ内記事




PR
Vampire TOPページ Vampire Blog 霜樹海 Vampire