忍者ブログ

あしたのファミリア

Tomorrw Familia 

BOOK表紙////画像はDDM.comの販売サイトです

新規入会?(無料)

 

あしたのファミリア

作品あらすじ

2年前、事故で両親が他界した後で閉鎖されていた集合住宅、日月館。その住人は大きな家族のようだったと言う。そこに新しい歴史を作るため日月明日は新しい管理人になり入居者募集を始めた。そしてそこに現れたのは明日のひいおじいちゃんといつでも住んでいいと約束していたという「災厄の凶つなる光」永久不滅の伝説級吸血鬼、ノイクローネ・フェルスティン・フォン・フォーゲルヴァイデだった。



登場キャラクター

日月 明日(たちもり あした)

日月館の現管理人。16歳。3年前に両親を事故で亡くしている。ノイ達が日月館に越してきた事で様々な出来事に振り回される。主人公なのになぜかあまり目立たないキャラクターだが、正義感が強く、仲間を守ろうとする気持ちは強い。掃除が得意で、毎日のように日月館のあらゆる箇所を掃除しているが、ノイ達の戦闘で度々破壊され嘆いている。

ノイクローネ・フェルスティン・フォン・フォーゲルヴァイデ

赤い目をした金髪の少女で『災厄の凶つなる光』と呼ばれる伝説級の吸血鬼。普段はまわりから「ノイ」と呼ばれている。いつも自信満々で物怖じしないが実は寂しがり。幼児体形で貧乳であることを気にしている。唯一の和室である1号室を使っているが、狭いといって壁をぶちぬいてしまっている。

梔子 嘲(くちなし せせら)

ノイの眷属で妖怪”貳口女(ふたくちおんな)”常にみつあみのメイド姿で、日月館の家事全般は嘲が担当しており、明日からも「嘲が居なかったら家は回んないな」と言われているほど信頼されている。ヘビースモーカーで常に煙草をくわえている。

御手洗 花子(みたらい はなこ)

ノイの眷属で幽霊”トイレの花子さん”おかっぱの幼女で、ノイを「お姉さま」と慕う。独占欲が強く、ノイが明日と仲良くしていると激しく嫉妬する。





ただのロリ少女吸血鬼モノかと思いきや、妖怪幽霊までの軽いノリから一転凝った設定のバトルが展開されます。

全体に丁寧で表情の作画がなかなか。ドキッとするシーンで一気に惹き付けられます。

気軽に霧になったりのノーマル吸血鬼設定はご愛嬌。美少女の多い登場キャラもエロ要素少ないです。誰にでもおすすめ出来る作品です。

全11巻の内2~4巻(1巻はTOP)

BOOK表紙///画像はDDM.comのweb販売サイトです                新規入会?(無料) 

 

1

2

3




 霜樹海的データ

完結

 全11巻


 作者/レーベル (敬称略)

樋口彰彦/ライバルKC



ブログ内記事




PR
Vampire TOPページ Vampire Blog 霜樹海 Vampire