忍者ブログ

もしかしてヴァンプ 

 

作品あらすじ

熱血少女・谷口茉理の苦手なものはオカルト&スプラッタ。そんな彼女に絡んでくる美少年・穂高薫は、何故かホラー映画の吸血鬼とイメージが重なって…まさか本物!? コンプレックスの根源に惚れられてしまった茉理の恋の行方は? <s-book.com紹介より>


登場キャラクター


谷口茉理(たにぐちまつり)

小さい頃見たホラー映画の吸血鬼に穂高が似ていると言う理由で穂高を避けている女子高生。


 穂高薫(ほだかかおる)

茉理に避けられている事は分かっているが、あるきっかけで好意を持ち好かれようとしている(吸血鬼)。


作品としては非常に評価高いです。個人的にはもう少しホラー要素が欲しいのですが、初期と後期で画や雰囲気が変わっている感もあり、作者様にも試行錯誤が有ったのかも知れません。

タイトルからしても”オススメヴァンパイア系”に欠かせないのは当然です。純度の高い吸血鬼モノであり、キャラ紹介の2人が中心に展開される主人公なのですが、もっと他のキャラも書きたい気持ちが強く、迷いました。が、各話独立感の強いエピソードでありネタバレと言うかぜひ作中で楽しんで欲しい気持ちで絞りました。

ネット上の紹介記事が少なく大変意外です。アニメ化希望とは少し違うのですが、傑作の一つでしょう。

内容表現に「作者様は男?」と思わせるセンスがあります。もちろん露骨なものではありませんが、ペンネームも男っぽく同人誌用が笹本哲なので、そう言う作風なのかも知れません。

もう一つ、各エピソードがそれぞれ読みきり作品のような感を受けるのが不思議です。れっきとした連載モノで、サブタイトルや扉画のせいかはっきり言えませんが、最初はコミックで読んでいるにも関わらず全てが”ヴァンプ”で括った別物語かと思ったくらいです。狙ったのか偶然かは知りませんが、結果としては好評価の一因となりました。



コミック表紙
(旧ver.)

もしかしてヴァンプ   
レア!?1巻表示無しver.

(新装コミック版・全5巻)
 

もしかしてヴァンプ 

 
 

 霜樹海的データ

完結

 全10巻(旧ver.)

 作者/掲載誌 (敬称略)

橘裕/LaLa DX


 ヴァンパイア分析

 呼称・種類 吸血鬼
 吸血衝動レベル 必須では無いが強
 吸血結果 変化無し・吸った事を忘れさせる事が出来る
直系のみ吸血鬼化させたり永遠の命を与える事が出来る

 オススメ度(最高★5つ)

★★★★☆




 
ブログ内記事




PR
Vampire TOPページ Vampire Blog 霜樹海 Vampire