忍者ブログ

吸血鬼すぐ死ぬ

きゅうけつきすぐしぬ 

BOOK表紙////画像はDDM.comの販売サイトです

新規入会?(無料)

 

吸血鬼すぐ死ぬ

作品あらすじ

新横浜伊奈架町の郊外に不死身と恐れられる吸血鬼が棲むという城があった。その城へと行って帰ってこない子どもを助けるために雇われた吸血鬼退治人ロナルドは城へと向かった。……が、そこにいたのは確かに不死身ではあるものの、すぐに死んで灰になるザコ吸血鬼ドラルクであった。子供も別にドラルクに捕えられていたわけではなく、城で遊んでいただけだった。
<wikipedia>



タイトル通りの純吸血鬼作品にして純ギャグ作品。なにしろ吸血鬼ハンターが開けたドアに挟まって即死、復活して降参して即死、すねを子供に蹴られた痛みで即死しています。

死んでも灰になってもすぐに復活するタフさはあります。ですがひたすらただ死なないだけで威厳もなにもありません。作画的にはちょっと威厳していますが。

審査発表時の煽り文句は「怒涛のネタ量!!」(wikipedia)というだけあって飽きることだけはありません。ここまで吸血鬼をバカにした作品があったでしょうか。それでもwikiがあります。人気はあるということです。

2、3巻(1巻はTOP)

BOOK表紙///画像はDDM.comのweb販売サイトです                新規入会?(無料) 

 

1

2



 VMC的データ

完結

 全7巻+1巻


 作者/レーベル (敬称略)

盆ノ木 至/少年チャンピオン・コミックス

 

 関連LINK

 吸血鬼すぐ死ぬ|秋田書店 - ARC(公式試し読み)

wikipedia




ブログ内記事




PR
Vampire TOPページ Vampire Blog 霜樹海 Vampire