忍者ブログ

白暮のクロニクル

はくぼのクロニクル 

BOOK表紙////画像はDDM.comの販売サイトです

新規入会?(無料)

 

白暮のクロニクル

作品あらすじ

伏木あかりが厚労省から保健所への研修期間中、禁止されている生肉を提供して食中毒を起こした疑いのあるステーキ店への立ち入り調査があった。約束の時間に訪れると店内からは返事がなく鍵が開いている。保健所の人間と共に店内へ入ったあかりは厨房で心臓に杭を刺されて死んでいるオーナーの久我井龍一を発見した。警察の後に現場を訪れた厚生労働省参事の竹之内は警察に久我井は「オキナガ」だと告げる。





吸血鬼だとかヴァンパイアだとかとの名称は使用せず「オキナガ」としています。人を襲って血を吸う存在ではなく簡単に死なず病気にもならず陽の光が苦手で血に特別な力がある設定です。

吸血鬼設定を分析し現実感を持たせた努力に拍手。完全にファンタジー化するより100倍難しい事でしょう。

厚生労働省の会社としての機能不全や警察を始めとする各役所機構とのバランスを求められるやりとりは、ありがちながらも表現が難しい脇役キャラをきっちり動かす手際はかなりの傑作要素ありと思いますがいかがでしょうか。誰にでもおすすめ出来る作品です。

2、3巻(1巻はTOP)

BOOK表紙///画像はDDM.comのweb販売サイトです                新規入会?(無料) 

 

1

2




 VMC的データ

7巻


 作者/レーベル (敬称略)

ゆうきまさみ /ビッグコミックススピリッツ




ブログ内記事




PR
Vampire TOPページ Vampire Blog 霜樹海 Vampire