忍者ブログ

血界戦線 -魔封街結社-(連載版)

けっかいせんせん まふうがいけっしゃ 

BOOK表紙////画像はDDM.comの販売サイトです

新規入会?(無料)

 

血界戦線

作品あらすじ

かつてニューヨークと言われた街は、異界と人界とが交差して一晩で変わり果てた。結果、異界ならではの超常日常・超常犯罪が飛び交う「地球上で最も剣呑な緊張地帯」となった街、「ヘルサレムズ・ロット」が構築される。この街は深い霧と超常現象により外界と隔離されているとはいえ、一歩間違えば人界は不可逆の混沌に飲み込まれてしまう。

そんな中、この街のいつ破れるとも知れぬ均衡を守るために秘密裏に活動する者たちがいた。クラウス・V・ラインヘルツ率いる「秘密結社ライブラ」である。彼らはさまざまな能力を駆使し、「血界の眷属(ブラッドブリード)」を筆頭とする異界の住人と日夜戦っていた。
<wikipedia>





タイトルに‘血’が入っていても主人公が吸血鬼ではなく敵が吸血鬼です。パイロット版<ヴァンパイアマニアコレクション記事>は一話にすぐ吸血鬼がでてきましたが連載では単行本2巻の後半になってようやく出てきます。

人体改造した結果生まれたのが吸血鬼とのこと。"吸血"鬼なのにあまり吸血にはこだわらずその他の設定はステレオタイプで踏襲しながら「血界の眷属」と呼称したりします。弱点はパターン通りでも実際には簡単に滅ばないし圧倒的な戦闘力を持っています。

主人公クラウスの紳士ぶりに絶賛の嵐。想像を超えた世界観設定と展開は超一級、技を叫んでから繰り出すダサさを中和してとても面白い作品になっています。

全10巻の内2~4巻(1巻はTOP)

BOOK表紙///画像はDDM.comのweb販売サイトです                新規入会?(無料) 

 

1

2

3




 VMC的データ

完結

 全10巻(ジャンプスクエア連載分)


 作者/レーベル (敬称略)

内藤泰弘/ジャンプ・コミックス





ブログ内記事




PR
Vampire TOPページ Vampire Blog 霜樹海 Vampire