忍者ブログ

VANPIT

ヴァンピット 

BOOK表紙////

VANPIT

作品あらすじ

江戸の港に陸揚げされた禍々しい箱。幕府のお庭番衆によって運ばれているところを“金が有るところから盗る泥棒”平賀源内が襲った。対抗する忍者に斬られて飛び散った血が箱にかかると中の吸血鬼が復活する。





平賀源内始め歴史上実在の人物が登場しても、堅苦しい話しは全く有りません。特に源内は発明家属性を残しつつ大変な事になっています。

吸血鬼設定も凝っています。箱とは棺桶の事でその辺はベタ設定でも血を吸って従わせる方法がオリジナルです。源内を従わせる事が出来ない理由にも絡めた大変な面白さです。

しかも吸血鬼はけっこう強いのに「ポチ」と呼ばれており源内は更に強いと言う自由さ。この作品に限らず作者様のファンになるかも知れません。



 霜樹海的データ

 

 2巻

 

 作者/レーベル (敬称略)

土方 悠/スクウェア・エニックス


 関連LINK

 吸血鬼の館††幻想館††[吸血鬼の手帖]: VANPIT 1-作品紹介ページ

 
 
 





 
ブログ内記事




PR
Vampire TOPページ Vampire Blog 霜樹海 Vampire