忍者ブログ

絵画 ムンク【吸血鬼】

エドヴァルド・ムンクEdvard Munch, 1863年12月12日 - 1944年1月23日)
19世紀~20世紀のノルウェー出身の画家。『叫び』の作者として有名。

ムンク
1893-94年 オスロ Munch Museum所蔵 Oil on canvas 91 x 109 cm
国立西洋美術館2007-08「ムンク展」展示作品

 

 


 

ヴァンパイア(吸血鬼)は、1893年以来ムンクが手がけ続けたモチーフで、パステル、素描、油彩、版画など多数の作例がある。その版画化はまず、1895年に単色リトグラフで試みられ、手彩色版を経て、リト石2枚と鋸で三分割された木版の組刷として完成された。(吸血鬼)というタイトルは後年、ポーランドの詩人・スタニスラフ・プシビシュフスキが付けたと言われている。


同じモチーフで何作品か制作されているムンクのVAMPIRE。叫びがあまりにも有名ですが、こちらも代表作の一つに数えられています。いくつか集めてみました。


ムンク 
1895年  リトグラフ  38.2 x 54.5 cm

ムンク 
1895-1902年  Woodcut  38.7 x 55.9 cm


ムンク 
1895年


ムンク 
1895-1902年  カラー・リトグラフ,カラー木版,紙  38.5×56.3cm


ムンク 
1895-1902年


ムンク 
1916-1918年  83.5×104cm


 

 

「ムンク展」以外は時系列を考えて並べてみました。人物はともかく背景は後年の方がオドロオドロしいですね。

 







ブログ内記事




PR
Vampire TOPページ Vampire Blog 霜樹海 Vampire