忍者ブログ

吸血鬼ゴケミドロ



 この作品記事は資料編です。   「資料編」とは?

 
1960年代後半の日本。羽田空港から伊丹空港に向かう小型旅客機が、外国大使を暗殺して逃亡中だったテロリスト・寺岡によってハイジャックされた。その直後、旅客機は謎の火の玉と接触して、見知らぬ山中に不時着した。

奇跡的に生き残ったのは10人。副操縦士の杉坂、スチュワーデスの朝倉、次期総理大臣候補である政治家・真野、兵器製造会社の重役・徳安とその妻で真野の愛人でもある法子、精神科医の百武、宇宙生物学者の佐賀、ベトナム戦争で夫と死別した未亡人・ニール、時限爆弾を持ち込んだ自殺志願者の松宮、そしてテロリスト寺岡。

他の生存者を銃で脅して逃走した寺岡は、岩陰でオレンジ色に輝く UFO を発見、吸い込まれるように中に入っていく。寺岡の額が縦にぱっくりと裂け、その中にアメーバ状の宇宙生物・ゴケミドロが侵入していった。血液を常食とするゴケミドロに寄生された人間は吸血鬼となるのだ。そして寺岡は生き残った人々を襲い始める。
<Wikipediaより>
 170c7556.jpg
 1968年日本(松竹)
Staff
監督: 佐藤肇 
製作: 猪股尭 
脚本: 高久進  小林久三 
撮影: 平瀬静雄 
音楽: 菊池俊輔 
美術: 芳野尹孝 
編集: 寺田昭光 
録音: 中村寛 
スクリプター: 小尾健彦 
照明: 青木辰夫 
 
CAST
吉田輝雄
佐藤友美 
北村英三 
高橋昌也 
キャシー・ホーラン 
高英男  
加藤和夫 
楠侑子 
山本紀彦 
金子信雄  

 
ブログ内記事




PR
Vampire TOPページ Vampire Blog 霜樹海 Vampire