忍者ブログ

とってもヴァンパイア

BOOK表紙////

 

 

とってもヴァンパイア

作品あらすじ

かなり陽当たりは悪いけど、安い家賃と豪華な部屋に魅せられて、大学一年生・岩動瞬輔は、とある洋館に住むことになった。だがそこは、吸血鬼屋敷。東西冷戦(死語)構造の崩壊の後、わが日本国は世界一の吸血鬼天国として残されていたのだ。当然やって来る、外人吸血鬼ハンターたち。断固戦い続けるヴァンパイア一家。捕らわれの身となった、か弱き青年、瞬輔の運命やいかに…。

<「BOOK」データベースより>



登場キャラクター


石動瞬輔(いするぎしゅんすけ)

帝都技術大学1年生。下宿先の主人の吸血鬼に血を狙われる日々を過ごしている。

岸田羅美亜(きしだらみあ)

16歳程度に見える日本人離れした美少女。実際は明治生まれの吸血鬼。

岸田華弥羅(きしだかみら)

羅美亜の母で日露戦争の頃日本に来た吸血鬼。



ギャグ漫画ならぬギャグ小説。吸血鬼モノだからといってホラー張りの血しぶきを期待していると文字通りズッコケます。

それでも歴史上の実在の人物や事象を吸血鬼と結びつけて登場させる辺りは流石のキャリアを持つ作者様ならでは。基本的にこれっぽっちも怖くないので見かけたらめくってみるとハマるかもしれません。



 霜樹海的データ

完結

 全4巻


 著者/レーベル (敬称略)

吉岡平/ソノラマ文庫

 


 
ブログ内記事




PR
Vampire TOPページ Vampire Blog 霜樹海 Vampire