忍者ブログ

アリス・イン・ゴシックランド

シリーズ3巻 吸血機ドラキュラに吸血鬼キャラが出て来ます  

BOOK表紙////画像はDDM.comの販売サイトです

新規入会?(無料)

 

アリス・イン・ゴシックランド

作品あらすじ

零時過ぎに突然吹き荒れ始めた嵐はウィットビー港の桟橋に黒い怒涛を叩きつけていた。霧が立ち込める中サーチライトに一隻の帆船が照らし出されるのを沿岸警備隊員が見つけた。激突すると思われた暗礁をすり抜け港に入った帆船の甲板にライトが当たると舵に死体らしきものが縛り付けられているのが分かる。その手には血に染まった十字架がくくりつけてあった。





あらすじを読んでピンとこなければ管理人の要約力の無さか吸血鬼ドラキュラ-ヴァンパイアマニアコレクション記事-を読んでいない方でしょう。設定を借りたとかでは無くその後のドラキュラの行動と合わせ吸血鬼ドラキュラのもう一つの物語的展開を見せており、その他の登場人物まで重複させています。ただ、もともと吸血鬼とは関係無いシリーズモノの3巻ですから、別にドラキュラの焼き直しでも無くそれどころか他名作小説の登場人物まで出てきます。さりげなくギャグまで混ぜ込んで器用と言うかやりたい放題です。

実は各キャラクターへの著者様からのオマージュであり各章にキーワード解説までついています。それぞれに良く調べられたと思われる大変な凝りようです。

ドラキュラ設定としては容姿以外はなぞっていると言えます。逆に容姿を麗美男にしたゆえに大幅に変わってしまった部分も多いです。3巻だけいきなり読んでもなんとか成立する物語性ですがやはり1巻から読んだ方が楽しめますし、3巻終了とは思えないしっかりした設定の秀作です。ただなぜ吸血“機”なのかは分かりませんでした。どなたか分かる方は教えて下さいw。

1,2巻(3巻はTOP)

BOOK表紙///画像はDDM.comのweb販売サイトです                新規入会?(無料) 

 

1

2




 霜樹海的データ

完結

 全3巻


 著者/イラスト/レーベル(敬称略)

南房秀久/植田亮/角川スニーカー文庫





ブログ内記事




PR
Vampire TOPページ Vampire Blog 霜樹海 Vampire