忍者ブログ

バッカーノ!

BOOK表紙////画像はDDM.comの販売サイトです

新規入会?(無料)

 

バッカーノ!

作品あらすじ

タイトルのバッカーノとは、イタリア語で馬鹿騒ぎを意味する言葉。多数の登場人物が織り成すスリリングながらもにぎやかな群像劇であり、シリーズを通して固定された主人公は存在しない。登場人物が90人以上にのぼる事も特徴。錬金術師達が作り出した不死の酒を巡って起こった、不死者と人間の物語となっている。
<wikipedia>





シリーズ9巻、1934 娑婆編に吸血鬼が出てる!と聞いて読んで見た所、カテゴリ“モチーフ”であり「吸血鬼-ラミア-」と名が付く組織と言うか集団の登場でした。もともと登場キャラの多い作品であり人ならざるものもテーマですから、ファンからは「ついに吸血鬼まで」となった様です。

不死の酒を廻って毎巻毎巻バカ騒ぎする本作。9巻だけではちょっと楽しめないでしょう。管理人は1~3巻迄とアニメ版を見ていましたのでまずまずでした。だいたいこの巻だけ読んでも誰が主人公なのかすら分かりません。

この著者様の作品はどれも大変非常に面白いので1巻から順番に読むのが正解。この作品のファンになると言うより著者様のファンになる事確定です。




 霜樹海的データ

初登場巻

 1934 娑婆編 Alice In Jails


 著者/イラスト/レーベル (敬称略)

成田良悟/エナミカツミ/電撃文庫


 関連LINK

wikipedia








ブログ内記事




PR
Vampire TOPページ Vampire Blog 霜樹海 Vampire