忍者ブログ

ヴァンパイア(1932年)

原題 Vampyr - Der Traum des Allan Grey

c78abb30.JPG
 
作品あらすじ

旅人の青年がたどり着いたある村には、不穏な空気が漂っていた。大きな鎌をかついだ不気味な村人、まるで生きているかのような影を持つ男、首に噛まれたような傷あとがある宿の娘、部屋に入り込む不思議な老人、その老人が残した謎の包み。やがて老人は殺され、包みを開けると吸血鬼の本が入っていた…。
<NTTXStore作品紹介ページより>



ヴァンパイア(1932年)


あまりにそのまんまのタイトルなので製作年を付けてみました。古典です。サイレントではなくセリフが入っているトーキーで、ネットで見る限り評価は高く、評論家の故淀川先生も絶賛されていたようです。

あくまでも個人的な感想ですが、ちょっと話しの流れが分かりずらい。セリフ自体少なくいわゆる芸術的な作りなので始めは正直意味分かりませんでした。ネット上にあるあらすじ記事をみながら「なるほどなるほど」と言った感じです。

キャプチャしました大きな鎌?は非常に印象的で、その他特に最初の方には象徴的なカットが多く見られます。ネット解説受け売りですと、こういったカットの積み重ねで恐怖を煽る意図があるようです。恐怖は感じませんでしたが、そう言われれば確かに雰囲気に飲み込まれる感はあります。この世ならざるもの(なのかな?)を影で表現したり当時としては革新的だったのでしょう。

吸血鬼は間違いなく吸血鬼ですが、バッと現われてガブッと咬まれるイメージではなくなんだか地味に出ています。作品全体で恐怖を感じさせることに制作意図があったのでしょう。

DVDパッケージ 
3870d59d.jpg


 霜樹海的データ

完結

 全1話


 監督/製作国 (敬称略)

カール・テオドール・ドライエル/ドイツ・フランス


ブログ内記事




PR
Vampire TOPページ Vampire Blog 霜樹海 Vampire