忍者ブログ

仮面ライダーキバ

かめんらいだーきば

 作品あらすじ

1986年。世間には人間に化け人間の生命エネルギー・ライフエナジーを吸って生きるモンスター・ファンガイア族が跳梁跋扈し、それに気づいた数少ない人々がファンガイアと戦いを繰り広げていた。ある日、腕利きのファンガイアハンターである麻生ゆりはターゲットであるファンガイアを追い詰めたものの、彼女に惚れたらしい1人の男の乱入により取り逃がす。ゆりの叱責を気にもせず彼女を口説きにかかる男の名は、紅音也。腕利きのバイオリン製作者にして天才バイオリニストである彼は、こうしてファンガイアの存在を知ることとなる。

それから22年経った2008年。ゴーグルにマスクという奇妙な姿で、ゴミを漁っては魚の骨を拾って回る怪しげな青年がいた。彼の名は紅渡。音也の息子である彼は、父の遺したバイオリン「ブラッディ・ローズ」を超えるバイオリンを作るためにバイオリン職人として修行を続けていたが、他人との接触を極端に嫌う内気な性格のためあちこちでトラブルを起こしていた。

そんなとき、22年前に逃がしたファンガイアが再び出現。ゆりの娘であるファンガイアハンター・麻生恵が戦いを挑むものの、その力に圧倒され危機に陥る。そのとき「ブラッディ・ローズ」の弦が突如として震え始め、それを聞いた渡は本能に突き動かされるようにファンガイアのもとに向かう。奇妙な姿をしたコウモリ・キバットが渡に噛み付いた瞬間渡の身体は鎧に包まれ、異形の姿=仮面ライダーキバへと変貌を遂げた。

<Wikipedia>



登場キャラクター



紅渡(くれない わたる) / 仮面ライダーキバ

20歳。本作の主人公。極端に気弱な性格で、人と会話するのが苦手。普段は人付き合いを嫌って住んでいる洋館にこもり、ちょっとしたことでも傷ついて塞ぎこんでしまう。職業はバイオリン職人で、父の音也の遺した名器「ブラッディ・ローズ」を超えるバイオリンを作るために試行錯誤を繰り返している。
 





麻生恵(あそう めぐみ)

ファンガイアハンター組織「素晴らしき青空の会」の一員で、普段はモデルをしているが、そのお洒落なイメージとは裏腹に定食屋の定食を好む。ファンガイアバスターという小型のボウガン形の暗器を武器に使う。





野村静香(のむら しずか)

14歳。渡にバイオリンを習うため彼の住む洋館に出入りする中学生。誰に対してもはっきりと物を言うしっかり者。「渡のお母さん」を名乗り、あまりにも社交性のない渡を社会に溶け込ませようと、バイオリン職人としての仕事を斡旋するなど積極的に世話を焼いている。




キバットバットIII世

キバット族の名門・キバットバット家の三代目を名乗るコウモリのモンスター。渡に噛みつくことでキバに変身する力を与える。普段はバイオリン型の巣箱の中に居る。
 






平成ライダーシリーズ9作目では思いっきり吸血鬼モチーフでリリースされた仮面ライダー。作れば売れるゴールデンシリーズなのは良いですけど作数が多すぎて製作サイドは大変でしょう。

過去のシリーズにも”吸血”する怪物は登場しておりボチボチ検索していたのですが、思いっきりテーマですから嬉しい事です。

アニメだったらもっと紹介キャラを多くしたところですが実写ですから控えめです。大人でもマニアがいる作り込みは流石の一言で、特撮・CGも手間のかかった一級作品と言えるでしょう。



 

 

 霜樹海的データ

完結

 全48話


 制作会社/原作者 (敬称略)

東映/石ノ森章太郎


ブログ内記事




PR
Vampire TOPページ Vampire Blog 霜樹海 Vampire