忍者ブログ

緋弾のアリア

ひだんのありあ

作品あらすじ

増加する凶悪犯罪に対抗するため、武力を行使する探偵「武偵」の存在が当たり前の社会。武偵を育成する東京武偵高校に通う青年・遠山キンジは、普通の生活を求めていた。しかしある日現れたエリート少女武偵・神崎・H・アリアと出会ったことにより、彼女を取り巻く戦いの日々に身を投じていくことになる。  <Wikipedia>


登場キャラクター

遠山 キンジ(とおやま -)

専門科目は探偵科でランクはE。普段は(武偵高生としては)平凡な男子高校生だが、性的に興奮すると能力が向上する「ヒステリアモード」の持ち主。

神崎・H・アリア(かんざき・H・-)

小学生のような体型で、人形のように愛らしい美少女だがランクはS。シャーロック・ホームズの子孫。

ブラド

普段は人間と同じ姿に擬態しているがドラキュラ伯爵本人。吸血鬼の姿に戻った状態では圧倒的な腕力を発揮する。

 

美少女+ガンアクションにロリとちょっぴりのH、さらに王子様属性を加えた意欲?作。もちろん萌えてもいます。

キャラが過去実在・フィクションキャラの子孫との設定で、その一人にドラキュラが出てきます。

多少超能力が出てきますがもともと妖怪だの魔物だの系では無く魔法すら出ませんから、変身までしてしまうのは若干違和感あります。アニメ化で膨大なラノベ原作設定が説明しきれていないことが主因でしょう。それでも主キャラ達の萌えぶりで強引に押し切られて結局楽しく見きってしまう、勢いのある作品です。




霜樹海的要素分析  基準? RANK  A
アクション ★★★  ★★★ モテ ★★☆ 
メカ ★★☆ ★★★ グロ ★☆☆ 
ファンタジー ★★★ ★★☆    


DVDパッケージ///画像はDDM.comのwebレンタルサイトです                   新規入会?(無料) 

DDM.com WEB動画配信

Vol.1

Vol.2

Vol.3

Vol.4

Vol.5

Vol.6

Vol.7



 霜樹海的データ

2011年

 全12話+1話


 制作会社/原作者 (敬称略)

J.C.STAFF/赤松中学


 OP/ED

Scarlet Ballet /カメリアの瞳



 原作形態/レーベル 

ライトノベル/MF文庫J



 









ブログ内記事




PR
Vampire TOPページ Vampire Blog 霜樹海 Vampire