忍者ブログ

薄桜鬼 (碧血録)

はくおうき (へっけつろく)

作品あらすじ

幕末、文久三年から物語は始まる。主人公・雪村千鶴は江戸育ちの蘭学医の娘。父・綱道は京で仕事をしており離れて生活をしていた。ある日、父との連絡が取れなくなり心配になった千鶴は、男装をして京の町を訪れる。そこで千鶴はある衝撃的な場面に遭遇し、新選組と出会い、父の行方を共に捜すこととなる。新選組隊士達の間で起こる出来事、自身の出生、交わる新撰組の隠された秘密。幕末を駆け抜ける男達の生きるための闘いが繰り広げられる。  <Wikipedia>


登場キャラクター

雪村千鶴(ゆきむら ちづる)

蘭学医の父・雪村綱道を捜すために京都を訪れ、新選組隊士達と出会う。男装姿で生活しているものの、女だとすぐ見抜かれる。素直で頑張り屋な性格だが、芯が通っていて驚く程頑固になる一面もある。

土方歳三(ひじかた としぞう)

鬼の副長と呼ばれ、全ては新選組と近藤のためと考えて行動している。自分にも他人にも厳しいが、根は優しい人物。

沖田総司(おきた そうじ)

新選組一番組組長。天才的な剣士。冗談か本気か分からない口調で普段は飄々としており、主人公に対してはやや意地悪な面も見せる。労咳を患っており、時折発作を起こす。


斎藤一(さいとう はじめ)

新選組三番組組長。土方曰く「刀を抜くと総司と同じくらい強い」。寡黙な一匹狼で、冷静な判断力と行動力を持ち合わせている。


 

吸血鬼=ヴァンパイアではなく文字通り血を吸う鬼とした純和風作品。間違いなく”吸血鬼“でも、ちょっと毛色の違う風味で固めています。

新撰組の歴史的行動をモチーフに種族としての鬼と人工的に作り出された鬼であるラセツ、このラセツが生きて行くために血を必要とする、、訳です。吸血鬼の特徴である高い戦闘能力を持ちますが肝心な特徴について全く逆の設定がされておりあくまでも鬼である事のようです。ネタバレなのでこれ以上はナイショです。

主人公千鶴の可愛らしさは当然として、男キャラが凝ってます。女性狙いですねw。 。




霜樹海的要素分析  基準? RANK  A
アクション ★★★  ★★★ モテ ☆☆☆ 
メカ ☆☆☆ ★★☆ グロ ★☆☆ 
ファンタジー ★☆☆ ☆☆☆    


DVDパッケージ///画像はDDM.comのwebレンタルサイトです                   新規入会?(無料) 


 

Vol.1

Vol.2

Vol.3

Vol.4

Vol.5

Vol.6

Vol.7

Vol.8

Vol.9



 霜樹海的データ

2010年

 全12話
碧血録全10話+総集編



 原作形態/レーベル 

恋愛アドベンチャーゲーム/アイディアファクトリー





 
 
 
ブログ内記事




PR
Vampire TOPページ Vampire Blog 霜樹海 Vampire