忍者ブログ

隠の王

この記事は”吸血鬼系”ではありません。管理人のお気に入りアニメ作品を紹介する
オススメ アニメの「アニマ~ニャ コレクション」です。

なばりのおう


作品あらすじ

時は現代。そこには昔より存在する忍の世界=「隠の世」があった。隠の世が生んだ最大の秘術「森羅万象」を体内に刻まれた少年と、それを手に入れんとする者たち、そして彼を守らんとする忍達の戦い。  <Wikipedia>


登場キャラクター


六条 壬晴(ろくじょう みはる)

両親を亡くしており、幼いころの記憶が曖昧。家はお好み焼き屋で祖母を手伝っている。時折、背中に羽が生えて小悪魔と化し、自分の魅力を利用して雲平などを困らせている(羽はパロディ)。

雲平・帷・デュランダル(くもひら・とばり・デュランダル)

壬晴の通う中学校の英語講師。アイルランド生まれの萬天の忍者で、里では一応とりまとめ役。

相澤 虹一(あいざわ こういち)

壬晴の同級生で忍道部部長。本人も福嶋流を修める忍。

清水 雷鳴(しみず らいめい)

風魔出身の侍である金髪のツインテールの少女。黒我聞という銘の刀を持つ。壬晴の無関心で小悪魔気質には頭を痛めているが、大事な友達として理解している。

宵風(よいて)

己の命を削る禁術「気羅」を操る忍。気羅の使用によって命が削られ死期が近く、血を吐く回数や意識を失うことが多くなってきている。


すっごく見やすい作品。忍が現代に溶け込んで生活している様子がごく自然で好感が持てます。キャラの性格付けが良く出来ており、忍社会の厳しさがさりげなくもしっかりと表現されています。

原作コミックの複雑な設定を必要十分なだけ採用していて分かりにくいところはありません。登場人物が多い方なのにゴチャゴチャ感がないのも素晴らしいことです。後半はオリジナルストーリーで完結させています。

主人公の壬晴と宵風の関わりが主な進行要素です。両方男で、わずか若干本当にほんの少しBLっぽい雰囲気があります。友情と言うにはお二人ともアツいキャラじゃないんですよね。いずれにせよ起承転結がしっかり付いた誰にでもオススメ出来る作品です。



霜樹海的要素分析  基準? RANK  A
アクション ★★★  ★★★ モテ ☆☆☆ 
メカ ★☆☆ ☆☆☆ グロ ☆☆☆ 
ファンタジー ★★☆ ☆☆☆    


DVDパッケージ///画像はDDM.comのwebレンタルサイトです                   新規入会?(無料) 

 

Vol.1

Vol.2

Vol.3

Vol.4

Vol.5

Vol.6

Vol.7

Vol.8

Vol.9



 霜樹海的データ

2008年

 全26話


ブログ内記事




PR
Vampire TOPページ Vampire Blog 霜樹海 Vampire