忍者ブログ

INNOCENT VENUS

この記事は”吸血鬼系”ではありません。管理人のお気に入りアニメ作品を紹介する
オススメ アニメの「アニマ~ニャ コレクション」です。

イノセント・ヴィーナス

作品あらすじ

西暦2010年。 地球規模で同時多発的に発生したハイパーハリケーンは、世界各国に甚大な被害をもたらした。日本政府は経済特区を各地に作り、限定的な復興を成し遂げた。 かねてより開発されていたパワードアシスト技術が復興に大いに貢献することになる。 しかし、特区以外の地域は貧困が拡がり、スラム化が進んでいく。 支配階級は自らを「ロゴス」と名乗り、パワードアシスト技術を軍事に転用。 貧困層を「レヴィナス」と呼び、壁の外へ締め出した。  <Wikipedia>


登場キャラクター

鶴沢仁

政治家の父を持つロゴス生まれの元ファントム隊員。物腰は穏やかで人当たりのいい好青年。

葛城丈

優れた運動神経と反射神経を持つ元ファントム隊員。感情の起伏に乏しく、外界との関わりに対してあまり興味を持たない。

登戸沙那

軍に追われている所を仁と丈に助けられて共に行動する。コードネーム『ヴィーナス』と呼ばれる謎の少女。

ごら

にぎやかですばしっこく信用のおけないレヴィナスの孤児。丈たちにまとわりついて共に行動する。



まず、ロボットアニメ好きの方で本作を見ていない方、黙って見ましょう。純然たるロボットアニメです。設定を検索しているとハイパーハリケーンが目に付いて「なに?環境モノ?」なんて考えがちですが、純度の高いロボット系です。グラディエーターという仁と丈、そして組織「ファントム」が操る機体はオリジナリティが高くリアリティもアリアリです。

それにしてもグラディエーターはカッコイイ。なんかグラディエーターの素晴らしさに全体が追いついていない感じすらします。このメカだけで50話はいけますよ。そんな素晴らしいメカがあるのに幕末風味を加えています。全体の構成に幕末風味がかかわっていますが、グラディエーターが有ればいらないんじゃないか?とさえ思います。まぁ、これはこれで面白いですから、ぜひグラディエーターメインのバトル作品を別に作っていただきたいところです。 

「近未来幕末アクションアニメ」の謳い文句にふさわしく人間キャラも濃いのが登場して展開も設定も複雑なのに、全12話でアっという間に終わってしまいます。この作品はせめて24~26話で製作して欲しかったと思う感じです。アニメ原作ならではのまとまりの良さが有ります。



霜樹海的要素分析  基準? RANK  A
アクション ★★★  ★★★ モテ ☆☆☆ 
メカ ★★★ ★☆☆ グロ ☆☆☆ 
ファンタジー ★☆☆ ☆☆☆    


DVDパッケージ///画像はDDM.comのwebレンタルサイトです                   新規入会?(無料) 

DDM.com WEB動画配信
 
 

Vol.1

Vol.2

Vol.3

Vol.4

Vol.5

Vol.6


 霜樹海的データ

2006年

 全12話


 制作会社/原作者 (敬称略)

ブレインズ・ベース/イノセントプロジェクト


 OP

Noble Roar/妖精帝國


ブログ内記事




PR
Vampire TOPページ Vampire Blog 霜樹海 Vampire