忍者ブログ

発見!吸血鬼の頭蓋骨

イタリアで「吸血鬼」の頭蓋骨、見つかる

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090313-00000730-reu-int




 

 


イタリアの研究グループが、ベネチアで女性の「吸血鬼」の頭蓋(ずがい)骨を発見したことが明らかになった。骨が見つかったのは16世紀に流行した疫病の犠牲者らを埋めたラッザレット・ヌオーボ島の集団墓地。
この頭蓋骨の口の部分にはれんがが挟まれており、当時「吸血鬼」と疑われた遺体に対して施される行為と考えられている。


発掘調査をしたフィレンツェ大学の法医考古学者マッテオ・ボリニ氏は、この発見により、中世では疫病流行の背後には吸血鬼がいると信じられていたことが裏付けられたとしている。


ボリニ氏は、ロイターの電話インタビューで「考古学の発掘調査で吸血鬼に対する悪魔払いの儀式が明らかになったのは、今回が初めてだ。吸血鬼伝説がどのように生まれたのか知る手がかりにもなるのではないか」と話した。<元記事>



吸血鬼は”不死”ですからね。復活しても咬めない様にレンガを挟んだんでしょうか?今の吸血鬼像は創作品である「ドラキュラ伯爵」の影響が大きいですが、ヨーロッパでは悪魔の一種として古くから恐れられていたようです。


ブログ内記事




PR
Vampire TOPページ Vampire Blog 霜樹海 Vampire