忍者ブログ

吸血鬼ノスフェラトゥ

        この作品記事は資料編です。   「資料編」とは?




53bd8953.jpg
ブレーメン市の周旋屋レンフィールドの下で働くジョナサン・ハーカーは、この町に家を買いたいというオルロック伯爵に会うため、新妻ニーナに暫しの別れを告げてトランシルヴァニアへと旅立った。伯爵の城に近付き、夕食を摂りに入った宿屋でジョナサンが「オルロック城」の名を口にすると皆の顔色が変わり、暗い内は出ない方がいいと忠告される。その夜は宿泊することにしたジョナサンは、部屋の中で“吸血鬼の本”と題された書物を手に取った。

それは「最初のノスフェラトゥ=不死者は1443年に誕生した」との書き出しで始まっていた。翌日、伯爵の出迎えを受け城に到着したジョナサンは、食事の際パン切りナイフで指を傷付け、滴る血に伯爵が昂奮するのを見て不審に感じる。そして朝、首筋に痛みを覚え、鏡を見ると牙の痕のような傷が付いていた。

それは本に書かれていた吸血鬼に噛まれた者の症状と一致していた。さらに昼間、地下室の棺の中で眠る伯爵の姿を見たジョナサンの疑念は確信へと替わり、城を抜け出しニーナの待つ我が家へと走った。しかし伯爵もまた、船に積み込んだ棺の中に隠れて海路ブレーメンへと向った。
懐かシネマ★パラダイス様紹介文より>






CAST
ドラキュラ伯爵 … マックス・シュレック
レンフィールド(不動産業者) … アレクサンダー・グラナック
ジョナサン・ハーカー(事務員) … グスタフ・フォン・ヴァンゲンハイム
ニナ(その妻) … グレタ・シュレーダー
教授 … ジョーン・ゴットウット
デメテル号の船長 … マックス・ネメッツ
一等航海士 … ヴォルフガング・ハインツ

Staff
原作 … ブラム・ストーカー
監督 … F.W.ムルナウ
脚本 … ヘンリック・ガレーン
撮影 … ギュンター・クランフ / フリッツ・アルノ・ヴァグナー


31126fee.JPG











出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

吸血鬼ノスフェラトゥ』(きゅうけつきノスフェラトゥ、原題:Nosferatu, eine Symphonie des Grauens)はF・W・ムルナウにより1922年に作成されたドイツ表現主義映画ドラキュラを扱ったホラー映画の元祖として知られる。 1978年にはヴェルナー・ヘルツォークの脚本・監督によるリメイク版『ノスフェラトゥ』(原題:Nosferatu: Phantom der Nacht)が制作されている。
 

 

ブログ内記事




PR
Vampire TOPページ Vampire Blog 霜樹海 Vampire