忍者ブログ

Vヴィレッジの殺人

Vヴィレッジのさつじん 

BOOK表紙////画像はDDM.comの販売サイトです

新規入会?(無料)

 

Vヴィレッジの殺人

作品あらすじ

日本国自治地区認可第三号 山梨県自治群V村、通称Vヴィレッジは吸血鬼が集まって出来た村だった。そこに普通の人間が入れば苦しみの無い死か永遠の命がどちらか5分の確率で得られると言う噂から侵入する者が後をたたない。そんな一人の失踪人調査を請け負った探偵のメグは出身地でもあるVヴィレッジに向かった。



吸血鬼が餃子の店(ニンニク抜き)を営んでいたり村の特産がトマトジュースだったりとちょっぴりギャグタッチのライトな作品。それでも吸血鬼設定自体はしっかりしており読みやすく仕上がっています。

著者様は女性でありマザコンのキャラがいたり表現の端ばしが上品で“らしさ”が伺えます。祥伝社文庫の中編モノ企画の1冊であり、156ページしかありませんので、もう少し深く突っ込んで長めになって欲しい印象はあります。ラストまで“らしさ”が詰まった面白い作品です。


シリーズ クリスマスローズの殺人

BOOK表紙///画像はDDM.comのweb販売サイトです                新規入会?(無料) 

 

クリスマスローズの殺人

 

 




 霜樹海的データ

2001年

 全1巻
他シリーズ有り


 著者/レーベル (敬称略)

柴田よしき/祥伝社文庫




ブログ内記事




PR
Vampire TOPページ Vampire Blog 霜樹海 Vampire