忍者ブログ

ダークエルフの口づけ

だーくえるふのくちづけ  

BOOK表紙////

ダークエルフの口づけ

作品あらすじ

新王歴494年。ファン王国の南東部でいくつかのギルドや結社が協力して出来た国、ファンドリア。混沌の王国と呼ばれる所以はいくつかの組織が対立と妥協を繰り返しながら国政に介入し、国王の命すら左右する為だった。更に暗黒神への信仰を公認し、ダークエルフに市民権を与えた事も嫌悪の対象となっていた。





シリーズ3巻からダークエルフとして吸血鬼が登場します。解説文に“剣が血を記憶し云々”と有ってもそれとは全く関係無く強敵キャラとして出てます。

複雑な設定は登場巻だけ読んでもいまいち楽しめません。人間、ハーフエルフ、ダークエルフとそれぞれを内包したいくつかのグループのせめぎあいは興味を引いたらためらわず1巻から読むべきです。

吸血鬼設定も適度に細かく好感が持てます。技術的にも優れた一作品です。




 霜樹海的データ

登場巻

 3巻


 著者/イラスト/レーベル (敬称略)

川人忠明/椎名 優/富士見ファンタジア文庫





ブログ内記事




PR
Vampire TOPページ Vampire Blog 霜樹海 Vampire