忍者ブログ

吸血鬼はお年ごろ

きゅうけつきはおとしごろ 

BOOK表紙////

45.jpg

作品あらすじ

吸血鬼の父と人間の母を持つ半人間のエリカは私立M女子高の3年生。親友のみどり、千代子と共に巻き込まれる事件を解決していく。



登場キャラクター <wikipedia>
 

神代エリカ

クロロックと前妻(日本人、故人)の間に生まれた娘。いかにもハーフと言った整った容貌。吸血鬼としての特殊能力を受継いでいるが、弱点も受け継いでいる。

フォン・クロロック

エリカの父。トランシルヴァニア出身の由緒正しき正統な吸血鬼。

大月千代子

エリカの親友。細身で長身。もう一人の友人みどりと合わせて、3人いつも一緒にいる。

橋口みどり

エリカの親友。かなりの食いしん坊。

涼子
クロロックの後妻。当初は儚げだったが現在ではクロロックを尻に敷いている。



ライトタッチな作風で一世を風靡した赤川次郎先生の代表作品。細かい表現が非常に面白く、大抵の人はすぐに馴染めるでしょう。シリーズ刊行が多く、初期の作品は入手しづらい事もあり管理人も全作読んでいるわけではありません。どれでも気軽に楽しめるのは間違いないので書店で見かけたらボチボチ・・といったところでしょうか。

けっこう人が死にますw。なのにちっとも怖くありません。推理モノを感じさせる流れもあったり、けっこうドライな展開があったりしてユーモアミステリーとは良くカテゴライズしたものだと思います。思わず笑ってしまう所もギャグと言う感じではなく、まさしくユーモアであり赤川先生一流のセンスが盛り込まれた秀作です。



 霜樹海的データ

1981年~

 27巻

 

 著者/レーベル (敬称略)

赤川次郎/コバルト文庫


 関連LINK

wikipedia




ブログ内記事




PR
Vampire TOPページ Vampire Blog 霜樹海 Vampire