忍者ブログ

桜乃きらほの恋愛処方箋

さくらのきらほのれんあいしょほうせん   

BOOK表紙////画像はDDM.comの販売サイトです

新規入会?(無料)

 

桜乃きらほの恋愛処方箋

作品あらすじ

白川医院でナースのバイトを始めて3週間。最初の緊張も解けて全く外来患者の来ない仕事にユルユルと緩みだしていた。ため息をついているとエレベーターから小学校1、2年生位の男の子が現れる。「患者さん?」と慌てるきらほに男の子は「ママ!」と呼びかけてきた。





あらすじはシリーズ2巻の第2エピソード「吸血鬼の治しかた」で、なぜきらほがナースのバイトをしているのかとか、白川医院の存在については1巻から読まなければ分かりません。

現実感の有る魔法の存在がテーマの本作で吸血鬼は一種の病気として登場します。なかなか良く出来た設定に吸血鬼マニアも納得なキャラです。

タイトルも可愛らしいく読み心地もなんかカワイイ独特な雰囲気があります。著者様は相当な魔法好きと見え、それも光の弾を出すとかでは無い本当にありそうな魔法を駆使します。やはりタイトル通り恋愛もテーマですが基本的にH系表現ヌキなのも好感度大。ドキドキ感いっぱいのオススメ作品です。


全3巻の内1,3巻(2巻はTOP)

BOOK表紙///画像はDDM.comのweb販売サイトです                新規入会?(無料) 

 

1

2




 霜樹海的データ

完結

 全3巻


 著者/イラスト/レーベル (敬称略)

月見草平/裕龍ながれ/MF文庫J





ブログ内記事




PR
Vampire TOPページ Vampire Blog 霜樹海 Vampire