忍者ブログ

闇に光る眼

やみにひかるめ 

BOOK表紙////

e91edbbd.jpg

作品あらすじ

新卒で入社したばかりの会社が倒産してコンビニでバイトをしていた篤の店に強盗が入った。犯人が偶然店内にいた少女を人質に出口に向かっている時、そこに漆黒の豹が現れる。



獣人対吸血鬼の戦いがテーマの、有りそうで意外と見当たらないストーリー。獣人がイイモノで吸血鬼が悪役の設定です。

繊細な心の機微描写は著者様の作品に特徴的なものです。吸血鬼の悲哀が細かく書かれており、他方では恋愛モノ・友情モノでもある欲張りさで、アクションであり冒険モノとも言えそうです。

吸血鬼の弱点など隅々まで気が配られていて、読みやすい文体と共に大変オススメ出来る作品になっています。


 霜樹海的データ

1999年

 全1巻


 著者/レーベル (敬称略)

竹河 聖/角川書店




ブログ内記事




PR
Vampire TOPページ Vampire Blog 霜樹海 Vampire