忍者ブログ

COOLDOWN

クールダウン 

BOOK表紙////

32.jpg

作品あらすじ

T市にある三島重機の支店ビルから全社員234名が突然行方不明になった。同じ頃ケンカで警察の世話になっていた氷室克樹は釈放されて学校に向かう。全校集会で皆が体育館に集まっている間氷室は屋上でサボっていると、その体育館を何者かに襲われたことに気付く。



正当派バンパイアストーリーと言える本作品、それでも、もしかしたら吸血鬼モノであると断言するのはネタバレモードかもしれません。吸血鬼が悪役として登場し、人間が立ち向かう系です。

卓越したスピード感、マニアックにして適度な銃器類の解説で本格アクションの雰囲気満載です。吸血鬼は人間より卓越した戦闘能力を持っていても、弱点も多く隙を突いた攻撃で戦っていきます。読めると言えば読める隠しネタも大変いい味を出していて最後までドキドキ感全開です。

著者様いわく「トップギアに入れたら壁に激突するまで停まらない」の通り、文字通りノンストップアクションと言える痛快さです。

 霜樹海的データ

1999年

 全1巻


 著者/イラスト/レーベル (敬称略)

伊達 将範/緒方 剛志/電撃文庫




ブログ内記事




PR
Vampire TOPページ Vampire Blog 霜樹海 Vampire